FC2ブログ

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40代借金返済問題借金取立て解決必ず出来ますサイトトップ >借金解決 >>借金の踏み倒しで夜逃げをしても借金~は逃れられません

借金の踏み倒しで夜逃げをしても借金~は逃れられません

借金の踏み倒し 考えている人は
五年たてば借金の時効が来るので、
そのときは借金を返済しなくてもよくなる
思っているかもしれません。

借金の時効とはその期間を過ぎれば
借金が0になり、自動的に返済が不要
となるという意味ではなく、


借金の時効を適応させたいと思っている場合には
あくまで時効の援用という手続き
踏む必要があります

実際には、消費者金融などで
お金を借りた場合には
必ずしもそうではありません。

借金で困ったらこちら
   ↓↓↓

借金返済で困ったらこの1冊

借金返済で困ったらこの1冊


借金の踏み倒しをする際の手段として、
夜逃げを思い立つ人も少なくないとは思いますが、
その理由としては督促・取り立てから
逃れたいという気持ちがあるかと考えられます。

借金の踏み倒しをしようと夜逃げをしても、
夜逃げをした後の居場所は
現実問題としてはすぐに判明しまいます。


消費者金融会社は、行方不明になってしまった
借金を未返済の方の住民票を定期的に
収集しているので、すぐに判明してしまうのです。

住民票を移動させなければ判明しないのではないかと
考える人も多いと思われます。

現実問題として、生活をしていく上で、
住民票の移動をしないということはあり得ません。


夜逃げ後に職を探して就職する場合にも、
子女の学校へ入学させるためにも、
免許や資格を取るためにも、
住民票が必要になるケースがでてきます。

借金を踏み倒して夜逃げした先で、いつ見つかるかと怯えた
生活を送ることになります。


借金返済で困ったらこの1冊←コチラをクリック

借金の踏み倒しということは考えずに、
弁護士や司法書士に相談するなどして、
借金返済に向けて解決策を考えること
です

theme : 借金返済日記
genre : ファイナンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。